So-net無料ブログ作成
検索選択

老年性前庭障害 [犬の健康]

00.JPG
 
正月三が日が明けた4日の午後
 
 
直近の内科診療日の6日(金)の予約を受け付けてもらった
 
29日の発症からER、ホームドクターでの話を
 
ERから送付された身体検査結果も含めてお話しした後
 
血液検査・レントゲン検査・超音波エコー検査をしてもらい
 
診察室に呼び込まれて示された紙に記載されていたのは。。。 
 
01.JPG
 
前庭障害と同じ症状を示すものとして
 
急性内耳炎があるため
 
レントゲン検査による内耳の異変のチェック
 
 血液検査での炎症マーカーの値を見て
 
内耳由来の障害でないことを確認 
 
02.JPG
 
また他の神経系に異常のないことを確認したので
 
「老年性前庭障害」と診断したとのこと
 
 
フラツキは2週間から2か月で治まることが多いが
 
斜頚については軽度のものが一生残る可能性もあるとのこと
 
現在服用しているサプリメントは継続するのが良い。。。 
 
 
あとは。。。
 
超音波エコーによる胆泥の検査は
 
過去に比べて改善している 
 
03.JPG
 
肝機能・腎機能にも問題なし!
  
 04.jpg
 
ということで
 
暫くフラツキが原因の怪我などさせぬよう注意する以外は 
 
いつも通りで良しとの診察結果だった
 
 
年末からの騒動はこれにて一件落着で
 
ようやく新年が明けた気分になった
 
 
 
+++ おしまい +++ 
 
 
 
 ブログランキングに参加しています
 今日も元気に頑張ってるジジさんのお鼻をポチッと
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

nice!(25) 
共通テーマ:ペット

nice! 25

page0.jpg

*以前のブログはこちら* ジジさんとの日々.gif

>2007.10~2010.02< ジジさんとの日々.gif

>2010.02~2011.04< ジジさんとの日々.gif

>2011.04~2016.03<

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。