So-net無料ブログ作成
検索選択

ER動物救急センター文京 [犬の健康]

00.JPG
 
昨年末の29日の夕方のこと
 
お昼寝をしていたジジさんの様子がおかしくなった
 
眼球が左右に激しく振れ [目]
 
立つことができない。。。[ドコモ提供][あせあせ(飛び散る汗)]
 
年末のことでホームドクターは午前のみの開院
 
電話で連絡しても留守番電話につながるだけ [ふらふら]
 
近所の別の動物病院に診察可能か聞いてみたのだけど 
 
診察はできないとのことで
 
代わりにER動物救急センター文京の連絡先を教えてもらった [ホテル]
 
01.jpg
 画像はER動物救急センターのHPから
 
ER文京から受け入れ可能との回答を得て 
 
ジジさんをキャリーバッグに詰め込んで [電車][電車][電車]
 
地下鉄で救急センターに到着したのが18時頃
 
診察してもらう時には眼球の揺れは治まっていたのだけど
 
一時間前の様子をお話しして
 
身体検査をしてもらい
 
脳血栓や脳腫瘍の可能性は排除できないが
 
前庭障害である可能性が高いとの診断
 
検査の結果緊急性はないとのことなので
 
翌日午前にホームドクターに診察してもらう予定にして
 
ひとまず帰宅することにした [家]
 
 
翌30日、ホームドクターの所で様子を診てもらったが
 
この日は眼球は流れるようにゆっくり振れる状態で
 
立ち上がれるが姿勢維持困難な状態
  
+++++++++++++++++++++++++++++++++
 
で。。救急センターからは前日の身体検査の結果等が既にFAXで送られていて
 
その内容は以下のようだった
 
【主訴】眼振と起立困難
 
【経過】17:00頃、起床したら水平眼振があり、頭も左右に振れ、立てなくなった。
 
【身体検査】
体重 6.1kg、体温 38.2℃、心拍数 96/min、呼吸数 24/min
来院時には眼振(-)、起立可能だが左右に倒れこむ
可視粘膜ピンク、眼圧正常、CRT正常、腹部触診痛(-)
威嚇反射(+)、眼瞼反射(+)、直接対光反射(+)、瞳孔左右差(-)
固有位置感覚(2)、視覚性踏み直り反応(2)、跳び直り反応(2) 
 
【インフォームドコンセンサス】 
当院での各種検査を提案させていただきましたが、既往歴、投薬歴から年に
2回行っている血液検査での異常値が多いとのことで、ジジちゃんの過去の
検査データの豊富な貴院や東大での検査の実施を希望され、無処置にてご
帰宅されております。身体検査からは来院時点での緊急性はないと判断
したが、夜間の急変時には当院へ連絡されるよう勧めました。
 
貴院の開院している明朝には貴院を受信されるご意向です。 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++
 
ホームドクターの見立ては 
 
前庭障害にはステロイドが効く場合もあるが
 
ジジさんの場合ステロイド投与で肝機能をあらわす数値が敏感に反応するので
 
副作用の無いガンマロンビタミンB1.6.12を服用させ
 
なるべく早く東大の動物医療センターで検査するようにとの指示を頂いた
 
 
 
+++ 東大動物医療センター編につづく +++ 
 
 
 
ブログランキングに参加しています 
 今日もがんばってるジジさんのお鼻をポチッと
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

nice!(27) 
共通テーマ:ペット

nice! 27

page0.jpg

*以前のブログはこちら* ジジさんとの日々.gif

>2007.10~2010.02< ジジさんとの日々.gif

>2010.02~2011.04< ジジさんとの日々.gif

>2011.04~2016.03<

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。